FC2ブログ
プロフィール

中村雅子

Author:中村雅子
こんにちは!中村雅子です。
アナウンサーとしての活動の他、最近はライフワークと定めて朗読に力を注いでおります。
当ブログでは、活動のお知らせの他、日々の暮らしで感じたことなども綴っていきたいと思っています♪
お問い合わせなど、連絡先はこちらです↓
aroma-masako@u01.gate01.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

師匠のもとへ・・・
久しぶりに 師匠の幸田弘子先生のお宅へ伺って

7月に朗読する「セロ弾きのゴーシュ」のお稽古を

つけていただきました。

先生は宮沢賢治も大好きなので、この作品も勿論

朗読なさったことがおありです。

最初 私の通し読みをじっと聴いてくださり、

「よく読めているわね。だけど・・・・そうねぇ・・・。

きれいすぎる。もっと汚い所があってもいいのよ。」と!


そ、そうなんです。

いつもそれは言われること&自分でも感じること^^;。

決してきれいに読もう、とだけしているのでは

ないのだけれど、どうもそうなってしまうらしいのです。

アナウンサーにありがちな弱点かもしれません。


そうしたら先生は 「たとえばね・・・」とおっしゃりながら、

ゴーシュのほとんどを読んでくださったのです!!!

その生き生きした素晴らしい表現☆☆

ああ、自分の読みは何てつまらなかったんだ!と

目からうろこが落ちる思いでした。

「きれに読まない」という意味もよくわかりました。


「さあ、もう一度」

との言葉に我に返り、緊張しながらもう1回通しました。

目をつぶって聴いていらした先生は、読み終わると

「うん。だいぶ良くなったわ。そういう感じ」

と・・・・。

でも、まだまだな自分をよくわかっているので、

あと1カ月、一生懸命稽古して 仕上げていきたいと思います!


先生、本当にありがとうございました!!

7月14日の私の本番当日は 先生はパリにいらっしゃるのだとか・・・。

朗読を聴いていただけないのは残念ですが、

御年80歳とは思えないほどお元気でいらっしゃいます!

これからもずっとお元気で、度々ご指導いただきたい・・・と

切に思った一日でした。
スポンサーサイト

2012.06.12(Tue) | お仕事 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://read919.blog115.fc2.com/tb.php/295-2b71c903
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。