FC2ブログ
プロフィール

中村雅子

Author:中村雅子
こんにちは!中村雅子です。
アナウンサーとしての活動の他、最近はライフワークと定めて朗読に力を注いでおります。
当ブログでは、活動のお知らせの他、日々の暮らしで感じたことなども綴っていきたいと思っています♪
お問い合わせなど、連絡先はこちらです↓
aroma-masako@u01.gate01.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

津軽語りスト 斜陽館で朗読!!
2012年11月24日。

この日は私にとって 忘れられない日の一つになるでしょう。

6月から共に研修を続けてきた「語りスト」メンバーと、

あの「斜陽館」で朗読をすることができたのですから!!

太宰治作品をライフワークに・・・と定めてから、いつかはと願っていた

斜陽館での朗読でした。


この日は午後2時に近くに集まって稽古や準備。

本番は閉館後の午後5時半からでした。

あまり告知している様子もなかったので^^;、お客様の入りが

心配だったのですが、どうしてどうして!

小さなお子様からシニアの方まで大勢の方がいらしてくださいました^^。


私の出た「おしゃれ童子」組はこんな感じです。

メンバーの真紀ちゃんが撮って送ってくれました!ありがとうございます~☆

斜陽館4人で 

左から2人めが私です^^;。

この日は 上を白にしましょう、と相談して臨みました。

寒い青森の しかも夕方なので、ユニクロのヒートテックのインナーに

白のタートル、さらに白いポンチョを着ました。温かかったです^^。

読みながら、時々高い天井や 磨き抜かれた床を眺め、

「ここに太宰さんが暮らしていたんだ・・・」としみじみ。

そばで太宰さんがそっと見守ってくれているような、不思議な感覚が

ありました。読み終わりが近づくと、「ああ、もう終わってしまう・・・」と

本当に残念な気持ちになったほどです^^;。



この他、津軽弁で書かれた「雀こ」も上演され、こちらもとっても見ごたえ

ありました!

写真がないのが残念なのですが、絣のお着物を羽織ったりして

とても雰囲気を出していましたし、何より本場の津軽弁が最高でした☆

10人ものメンバーであの作品を朗読するのを聴くのは初めてでしたが、

とても面白かったです!



今回は 準備や片づけも参加しましょう、ということだったのですが、

慣れない音響や照明具の扱いには四苦八苦・・・^^;

結局 プロの皆さんの手をかなり借りなくてはいけませんでした~。。。

写真手前に写っているのが 音響スタッフさんです。

本当にありがとうございました。


そして、会場を提供してくださった斜陽館の皆さま、

色々バックアップしてくださった県民局の皆さま、

一緒に頑張った大好きな語りストメンバーの皆さん、

心から感謝を申し上げます☆

これからも頑張っていきましょうね!








スポンサーサイト

2012.11.26(Mon) | 公演 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://read919.blog115.fc2.com/tb.php/330-f3c2966c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。